Q25 MFDとは? MFD=モードフィールド径

ファイバコアから出力される光の直径。(実際のビーム径のこと)

通常光はコア領域を通過しますが、シングルモード光ファイバの場合、

若干クラッド領域にも漏れるため、ファイバのコア径ではなくMFD でビーム径を表記します。

一般的にMFD はコア径よりも若干大きくなりますが、耐反射特性向上の為、MFD値よりファイバコア径が大きくなってます。

 

 

 

イメージ図

 耐反射特性を得たシングルモード発振器は「疑似シングル」と呼称されている

 

 

                                             レーザの部屋 TOPに戻る